アパート経営の家賃の保証|マンション投資の失敗をしないために|成功に導く

マンション投資の失敗をしないために|成功に導く

ウーマン

アパート経営の家賃の保証

硬貨

アパート経営の収益の安定

アパート経営は短期の利益を期待するビジネスモデルではありません。初期投資も大きいですが、その分長期に渡る利益をじっくりと望むべきといえます。しかしアパートの建設当初と周辺環境も次第に変化してきますし、建物自体も築年数が経過してきます。どうしても入居者が決まりにくくなり、空室が目立つ傾向になってきます。それにともない家賃を下げて対応しなくてはならなくなり、当初思い描いていた事業計画通りにはかどらないこともよくあります。そのようなアパート経営のリスクの中でも空室ができることはオーナーとして気持ちの面でも辛いものがあります。そこで安定的な収入のためにも家賃保証のある仕組みを取り入れるようにしましょう。家賃保証があることで、空室の不安が大幅に軽減されます。

空室でも収益を保証する

家賃保証があることで、家賃収入が一定になります。本来ならそれ以上受け取れる月もあれば、それ以下の月もあるというようにアパート経営の家賃収入は不安定なものですが、平準化できます。また家賃保証があることで管理会社も積極的に入居者を決めようとするようになります。特に日本人は新築の物件を好むので、アパートの建設当初は満室を期待できます。しかしそれ以降は次第に入居率が低下してくることが予想されます。アパート経営で長期的に安定的に収入を受け取り続けるためには、家賃保証を取り入れるべきといえます。毎月の収入が一定になることで、どのように収入を活用すべきかという資金計画がしやすくなり、とても都合よくなります。