新たな資産形成スタイル|マンション投資の失敗をしないために|成功に導く

マンション投資の失敗をしないために|成功に導く

ウーマン

新たな資産形成スタイル

集合住宅

高い利益率が人気

投資用マンションは、安定的に高い利益率が見込める点が魅力的です。マンション投資を手掛ける会社のほとんどが、6.0パーセントから10.0パーセント以上の年利で運用実績を上げています。そのため、株取引に代わる新たな資産形成方法として注目を浴びています。投資用マンションが多い地域は、東京や大阪などの大都市圏です。その背景には、日本の地価の二極化が関係しています。地方の地価は下落が続く一方で、交通の利便性が高くて商業圏が近い都市部の地価は上昇し続けています。また、徐々に日本の人口が都市部に移動してきているため、マンションの需要が高まっている状態です。それゆえ、マンション投資は今後も盛んになると考えられます。

柔軟な姿勢が大切

投資用マンションについて気を付けるべき点は、中古物件も視野に入れて検討することです。近年、リノベーションやリフォームで中古のマンションを快適な生活空間に生まれ変わらせる技術が発達しています。よって、築年数が経過していても、十分に入居者を集めることができます。新築物件も非常に魅力的ですが、柔軟な考えを持てば、投資の幅が広がります。また、1つの物件に複数人で投資すれば、1人当たりの出資金の負担が軽減することがあります。さらに、投資目的だけではなく、遺産としてとらえる考え方も浸透しています。現金の譲渡と異なって、マンションの名義変更には贈与税が発生しません。よって、投資用マンションは、子供や孫に残す資産にもなり得ます。